「暮らしのデザイン」はお客様のライフスタイルにフィットする家具・インテリアをお届けして26年目を迎えました。
無料設置サービス+無料設置
カスタマーセンター

ダイニング家具の選び方

ダイニングは、家族揃って食事をする場所。家具も人数分のイスとそれが収まるテーブルがあればいいわけですが、快適な空間にするためには、生活スタイルに合わせたものを選ぶ必要があります。家族の人数の他、来客の数や頻度、さらには食事以外でダイニングを使う場合も考慮に入れて家具を選びましょう。 テーブル、イスのサイズや機能の他、色や素材からも最適なダイニングの家具をお選びいただくのに、このページをお役立てください。

今なら、ダイニングテーブルとチェア、ベンチなどがポイント5倍にポイントアップ中!会員ログインしてお得にお買い物をお楽しみください。
ポイント5倍は6月1日(金)9:00までです。

サイズの選び方

●1人分のテーブル幅の目安

テーブルの大きさを考える際、1人分のテーブル幅の目安は、肘のないイスに座った場合で約60cm、肘付きのイスに座った場合で約75cmと言われています。奥行が80cmあるテーブルなら、肘のないイスを使って、テーブルの短辺に席をつくることもできます。 家族+来客を想定して考える場合、予備のイスやスツールを置くことも踏まえてサイズを検討します。

●家族4~5人+来客の想定

家族4~5人で、来客の多いご家庭の場合、家具を選ぶ考え方は大きく2つあります。1つ目は大型のテーブルと人数分のイスを購入すること。2つ目は、テーブルのサイズを伸長できるエクステンションテーブルを選ぶこと。 1つめは、手間なくいつもで来客を迎えられますが、家族だけの時もダイニングの家具がスペースをとります。2つめは、家族だけの時は幅140cm前後にテーブルを縮めた状態で使い、人数が増えた時には幅180cm位に幅を伸ばして使えます。 普段使わない来客用のイスは、スタッキングできるチェアやスツールなどを選ぶのがおすすめです。エクステンションテーブルは柔軟にサイズを変えられて便利ですが、伸縮の手間はかかります。来客の頻度などを踏まえて、最適なものを選んでください。

また、食事以外にもテーブルを使う機会はさまざま。子供の勉強やノートPCをダイニングで、ということも多く見られます。本やノート、資料を広げるなら少し広めが使いやすい場合も。食事以外の場面も想定しながら、家具を選ぶことをおすすめします。

●2人暮らし

2人暮らしの場合、80cm位の正方形テーブルを使えば2人座れます。来客の場合も4人着席はできますが、並べられるお皿の数にも制約があるので、ゆったり食事するのには向きません。 2人暮らしの場合、特におすすめしたいのが、リビングとダイニングを兼用で考えること。少し大きめのテーブル、座り心地のよいチェアやダイニング向けのソファーを選んで、ゆったりとくつろげる空間にします。その代わり、リビングにソファーを置かなくても済むので 家具を減らし、スペースを有効に使えます。

チェアは、座面の高さが38~40cmで座面のクッションが厚めのもの、テーブルは高さが65cm前後の低めのものを選ぶと、よりくつろげます。

目的に合わせて選ぶ

セットで選ぶ

その他の特集

特集19『ダイニング家具の選び方』 |  インテリア・家具通販の【暮らしのデザイン】。暮らしのデザインは、オフィス家具やインテリア用品の製造・販売を手がけるプラス株式会社が運営をしている家具・インテリアの通販サイトです。天然素材を使った飽きのこないデザインの家具・インテリアやオーダー家具を中心に、人気のソファー、ダイニングテーブルの他、チェアやテレビ台、壁面収納など、「ながく愛せるものと暮らす幸せ」を提供します。大型家具は組立いらずの無料設置サービス、不要な家具があれば無料引き取りサービスも実施しております。

特集19『ダイニング家具の選び方』 TOPへ